サランラップの思い出

 さてさて、ひさびさ、しかも高校卒業以来の10年振りの出会いともなれば、そりゃ、あれですよ、俺らもアラサーだとかアイツは結婚したのかとか、顔が変わってないとか、あのときの俺はあれだったとか、なんだか思春期のすっぱい思い出とともにいろいろヌラーっと思い出されるわけですよ(さんざん顔がおもしろいとネタにしながらも最後まで名前を思い出せない人もいるわけよ、数人は)。
 んで、18歳〜28歳までの大きな違いは、やっぱり童貞や処女率の劇的な低下と酒のたしなみ方を知ってバカ話の方向性もとっちらけて、まぁそういう話と相成ります感じです。
 ということで、まぁツラツラと下ネタ挟みつつのなんとかかんとかで、やっぱりキラーな体験というのも諸処にあるわけであります。ということでひさびさの泥酔クラシックス

 高校の時分などは、まぁ、とくに男子諸君は1日も早くことを収めて(初体験に限らず)、バスローブの似合う男になりたいと己の性器が実は思考の本体ではないかとドキドキしてしまう日常を送り続けるわけです。ということで、その段階になったときにはその可能性を絶対なものにするべく、どうかしているとしか思えない行動に出ることもよくあるようで、そのような失敗談こそ、時が経てば経つほど時と場合によって(もちのろんでwithout親族)は居酒屋トークでの最大の武器となるわけであります。
 ということで、この度、私が某先輩筋から聴きだしたのはサランラップの思い出ということでありまして、なんでもその方、高校生の頃、つき合っていた女性と事を起こせそうな雰囲気になり、宿題なんて後回し、あとはことをいたすだけという段階で気付いたことがひとつ、そう「お金がない!」のは織田裕二で、わたくしは「コンドームがない」と(おそらく高校生男子なので、コンドームのルビはゴムでお願いしたいところ)。とはいえ、この熱狂のなかでコンビニに走るのも「情緒がない!」ってことで、「正常でない!」意識の頭を全く軸のぶれてるフル回転で考え出したのが同じような不透過な幕状の物体、ということで、ぴっきり思い出したのが表題のキッチン用品。ここで「なしでもご勘弁!」と言える大人発言しないのが、やはりジェントルの証拠と、「なしでもありなサランラップで!」という強行姿勢で臨んだとのことであります。まずは己のそそりたったアレに、よろしくよろしくサランラップを巻き付けまして、なんとかコトに至ったようですがやはりどうしても具合も塩梅もわるく失敗となったようであります(この話をとある友人どもにしたときに「マイルーラよろしく女性側に」という提案もあったようですが、おそらくコンドームの代用品という着想がまずは合ったようなのでさすがにむりでは無いかと)。

教訓:サランラップではいたせません!

記者Y

ENCOUNTER BARRELDRUNKERS @ HTGYDKY

ということでバレル・ドランカーズ、初の公開企画の発表です。
前々から温めてきた例の泥酔したところで、テープを回してそれを活字にしてみることでどれだけ自分たちが駄目なのかをここで発表するという企画です。
場所はもちろんDKYです。
まだ正式な日程は決まってませんが、10月の20日前後。
おそらく平日の開催が濃厚かと思われます。
21時集合22時からテープ回し、24時終了みたいな感じです。
参加希望の方は書き込みを。逆に希望日が多い日に開催というのもありですかね。
参加=発言を無断でBLOGで使用されても問題ないということでやらせていただきますのでふるってご参加ください!

議題
・K君の妹事情(「お兄ちゃんには夢が無い歯科がすぐそこで!」)
・SSZK支部長の月刊人でなし発言
・記者Kのマンガ『コブラ』研究
・KKショック……

記者Y

InK

今日は夕方に電○グルー○の取材、そして深夜から○ウルセットの○辺さんと、前述の○球さんの対談記事の取材にて奔走。
中学生のときの記者Kや記者Y、いや、おいらの周りが中学生(いまでも?)だったときには気絶するような憧れの状況であります。いまはその現実にいるわけで。
とくに後半の対談はお酒が入って、テープを止めてからの話がやばすぎだったんですが、テープ止めてからの話なんで記事にはなりません(できません)ということで、これはまた居酒屋トーク・ライヴの出番です!

ちなみに対談ではコイツの話が中心に

追記!
さらにこの曲の3分半以降のクドさも

モレション

 三連休をすべて酒浸りで送ったバレルドランカーズ記者Yです。っつうかあれだ、水曜から飲みっぱなしだったからトータルで6日間飲みっぱなしだ。しかも今日の朝まで飲んでたわけよ。あれは朝の6時だったと思う。川べりだ。

 んで順を追って書こう。水曜はこの後に書く女酒豪+後輩2人、んで木曜はバレルドランカーズが誇る大酒飲みの記者Kが口に性感帯ができたというので、酒が飲めねぇ&その彼女も仕事が忙しいって話で欠席のバレルドランカーズ定例会。バレルドランカーズSSZK支部のオイモさんとその彼女、そして変なシンクロでスカム系アイドル雑誌編集者の後輩なんかも来てそれなりにもりあがる。
 もりあがるっつっても、ザルうどんの汁間違えてぶっかけちゃったりギッチギッチのアシッディーなノリで。
 
 とはいえなんだか、その日の俺たちのHTGY-DKYはいつになく寂しく、そしてチューハイもなぜか薄かった。

 と、そこで話題になったのは女傑の話だ。記者Yというかバレルドランカーズの先輩筋は男の先輩もすごいんだが、女性もすごい。というか女性のほうがすごい。基本的に美女が多いんだが(とりあえずこの後に書く事がひどいのでほめておいたほうが良いって言うのもあるが自他ともに認める美女ぞろいだ)、単純に中身のないみてくれだけのお人形さんというよりは、まぁ、あれだ、中身がパンパンにつまった(もしくは正常なところが欠如した)軽く変態に足つっこんだ人が意外と多い。それ故に、おいらのような人間でも仲良くしてくれるんだが。
 
 んで、そのなかで学校卒業後によく酒を飲み歩いてた女傑がいるんだが、その人、めでたくつい数ヶ月前に結婚したばっかり。
 それでもってこの前の水曜に酒を飲んだわけだが、その女傑の話がひどかった。
 
 その日一緒にいた後輩(女)がベルリン留学中にクラブでションベンをもらして、スニーカーをビタビタにしたって話で、そんなビタビタなダダ漏れ具合のお下の緩いっぷりを自慢してたら、その女傑の闘争心に日がついたらしくて。
「あたいは浴衣で漏らしたことあるわよ! しかも去年」
 ねぇさん、そんな自慢は……って話で。いやすごいですね。とはいえ、負けずとおいらも“スカルファック”とか言って後輩のいたいけな女の子(漏らしてない方)を困惑(というか言葉の意味すらわかってなかったので、困惑してなかったとも言える)させてたんだが、さすがにそんな告白つうか自慢話の後では、あれだ。ヒロシマナガサキの後に言葉ができることなんて……みたいな。完全に焦土と化したここで果たしてなにができるのか? DESUYO。
 とか言ってるとよくないなぁと思って「いや〜」って思って次の日に「下品すぎてすいません」ってベルクハインでションベン漏らしてない方の後輩にメールしたら、「ジェントルでしたよ」と言われて、まぁニッコリと。スカルファックを延々とのどこがジェントルなのかわかりません。ということで、みなさんお世辞でもそんなことを言うと、つけあがるので辞めましょうね!(でも、本当は「下品でうざい」とか言われると、ものすごーく落ちるんだけどね)。

 んで金曜以降の連休の話書こうと思ったんだが、どうにもこうにも口のうしろのほうからゲロっぽいにほひがツラ〜ツラ〜ってあがってくるもんだから、ちと書くのもあれなんでまた、気が向けば。

記者Y
いい加減に記者Kの記事をまってます。あれだ、俺の行ってない、合宿の話でも書くと良い。

酒と涙とババアと俺と

男が5人、歌舞伎町の九龍城みたいな中華料理屋で店内なのにチューハイの缶を傾けながらの話題と言えば、そりゃ間違いなくズリネタがどうのとか、そういう話になるわけですよ。

んで、まずは初ズリネタ(VZN)の話になったわけだ。
と、り、あ、え、ずということで、まぁいちばん発言の少なかった年下からしゃべらすわけだがこれがいけなかった……
後輩「いや〜僕結構おかしいかもしれません」
「あ、そうなの? いくつんとき?」
後輩「小5くらいっすかね。でも小5でなんであれでって感じで……」
「へぇ、なに木のうろとか?」
後輩「いや、えっと高島礼子で……」
「たしかに小5だと渋いけど、もう10年くらい前でしょ? いまだって綺麗なんだから別にねぇ。あれ? 着物フェチでなんか和服着てるやつとか?」
後輩「そういうわけでもないんですけど」
「でもさ、高島礼子をそもそも掲載してる媒体がわかんねぇよ。あれ? 極妻とかのエッチなシーン?」
後輩「いや、そういうのじゃなくて…写真です……えっと、電車の中ズリ」
(一同爆笑)
初ズリネタが中ズリというどうでも良い落語のサゲみたいな話だったんですが、本人ははじめなにがなににかかってみんなで笑ってるのか、よくわかってなかったみたい(つうかこれ自体は、まぁ、あれだ本人のキャラクターとかもアリじゃないとおもしろくないんで、文字じゃ伝わりにくい。ちなみに浮世絵屋の若旦那っぽい本当に神保町の浮世絵屋の若旦那だ)。少年時代の後輩君は、電車のなかでもよおして、ついつい中ズリを破って持って帰ってしまったそうだ。

ズリネタと言えば、うちのこれまた後輩の話なんだがオナニーの仕方も知らないのにセックスしてしまったヤツがいるらしい……大丈夫か日本の性教育

んで、問題なのはこのあとで、年下が予想以上にイイ滑り出しだったもんだから、これよりもいかにヒドイことを言えるって年上同士の下ネタ泥沼への引きずり合い。んで結局、とにかくみんな若いうちに自分の母親より年上のババアを抱かなきゃ男じゃないってところで落ち着いたんだ(ひとり既婚者いたし、この前年下の彼女をまんまと作ったヤツまでいるわけよ)。
完全に悪ノリ、こっから完全に「あれがうまい」、「これがうまい」とダラダラと話すババア好きな海原雄山状態。
「おれはなぁ、やっぱりふくよかなババアがイイ」、「世界がもし100人のババアだったら」、「ババアと暮らすエコらいふ」、「ババアの膝で眠りたい」、「ババアは絶対に俺の方が好き」とか「あれはまだババアって感じじゃねぇ」って、そこにいた数人の頭の妄想上では若い男に言いよられてほほを赤らめてまんざらでもないババアの取り合い。
つうかみんな「ババア抱きたい」ってよ、意味がまったくわからない自己催眠。
もうババアが抱けねば、今生の悔いってな具合にヒートアップ。
都合4時間近くのババア談義。
だから歌舞伎町歩いても「駄目だ、若い女のみても女な感じねぇ。ババアってこのへんいねぇかなぁって」で、まぁ、夜も更けてきたったんで、帰ることにして駅のほうに行くと、易者のババアがいっぱいならんでるわけよ。「完全にタチンボにしかみえねぇ」とか言う始末。
とはいえ、やっぱり実際のババアの迫力に押されて。
「やっぱり……」
追い打ちかけるように易者ババアの口にキラリと光るもの。
「金歯……」
テンションがた落ち
「金歯とディープ・キスはやっぱり……」

日曜の夜の無駄な3時間を過ごしたって話です。

追伸
記者Y→はやく記者K君なにか書きましょう

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2008&d=0710&f=national_0710_002.shtml

愛しのエリー

あまりにも仕事が大変で、酒も飲んでなくてネタにつまったんで、昔ミクシーに書いたフィールドワーク(少々改題)


海原雄山に12年くらいの土方労働させたようなオヤジ(豪族系ボスで、なんだかとても偉そう/45歳くらい)とちょっと細い平やんみたいなオヤジ(子分系38歳くらい)が幡ヶ谷つうか南台のコンビニ前(いまはなし)で、その頭蓋骨にひっついた赤黒いイイ顔を道行くひとびとに自慢するように、チューハイを床におき、宴を開いておりました。

その会話

海原「俺はよう、演歌とかきかねぇんだよ。だから忘年会でよっちゃんが得意げに演歌歌ってるのみるとむかつくんだよ」
子分「うん、そうだな。いやだな」
海原「俺は、ロックンロールが好きなんだ〜、わかるかロックって」
子分「あん、知ってるよ」
海原「本当かよ、じゃあ、誰がロックンロールだよ」
子分「あんまり誰が誰ってわかんねぇけど、たぶんちゃんと聴いたら「これはロックだ〜」ってわかるよ」
海原「うそ、つけぇ」
子分「本当だよ。じゃあ、ケンちゃん(おそらく海原)は、誰がすきなんだよ:
海原「誰かって、いわれっと、えっと(遠い目)、サザンかな(照れ)
子分「あれはロックンロールじゃねぇよと思うよ、おれは」
海原「だからオメエはダメなんだよ、サザンってあんまりよく曲名とかしらねぇけど、あれがロックだよ。いい曲あるんだよなぁ。 “わらってもっとベイベー フンフンフン(歌詞うろ覚え)〜♪”ってあれ、サザンだよな」
子分「俺も、その歌好きだよ。サザンかどうかはわかんねぇけど、あれはいい歌だよ」
海原「そうだな、いい歌だ。そろそろ寒いし行くか」
子分「ケンちゃんさ、さっき言ってたコンロの話、もう1回してくれねぇか?
海原「だから、おめえはダメなんだよ、1回言ったらちゃんときいてろよ」
子分「あ、うん、あのすごい偉い博士のところまでは覚えてっから、その先でいいからさ」
海原「そうか、そのかわり、次ぎで終りだからな」
コツン(しょうがないなという顔して、子分の肩の後ろの方を軽くコブシでつっつく)
海原「さみいから、うちで話す」
子分「そうだな、行こう行こう」





メルヘンだな